“Light as a Feather” (Oct.1972) Chick Corea and Return to Forever
Chick Corea (electric piano)
Stanley Clarke (double bass) Airto Moreira (drums)
Joe Farrell (tenor saxophone, flute) Flora Purim (vocals, percussion)
 
Light As a Feather
Chick Corea
Polygram Records
チック・コリア
 


 Return to Forever、ECMからPolydorに移籍しての第二作。
 移籍の経緯はわかりませんが、Chick Corea としては”Crystal Silence” (Nov.1972) Chick Corea, Gary Burtonなど、ECMとの関係は続きます。
 なにはともあれ、本作も大傑作。
 前作“Return to Forever” (Feb.1972)と同様のテイストですが、妖しさが薄らぎ、Flora Purimの歌が前面に出る場面が増え、ポップなテイストが強くなっているかもしれません。
 親しみやすいメロディアスな楽曲揃いの全六曲。
 私的にはこちらのアルバムの方が好みで、聞く機会も多かったように思いますが、どちらもCDで入手したこともあり、どちらの前半が取っ付きやすいのか、だけの違いのようにも思います。
 “Return to Forever” (Feb.1972)のB面はとてつもなく素晴らしいのですが、前の曲をスキップするのが面倒で・・・いや、前半、A面もいわずもがなの名演なのでスキップしなければいいのですが・・・
 本作は冒頭からボーカルがフィーチャーされる、穏やかなキャッチーなメロディの名曲二連発。
 優しくて穏やかで、微かにスペイン、ブラジルあたりの香りがする音の流れ。
 Flora Purimの不思議感のあるボーカルには好みがわかれるのかもしれませんが、この淡いムードには合っているかなと私は思います。
 さらにタイトル曲には強烈な4ビートでのインプロビゼーション。
 その後もカバーも多い名曲がずらりと並びます。
 最後の”Spain”は今やあまりにもカバーされすぎていて、ごちそうさまですが、このオリジナルバージョンを超える演奏は、アルバムでもライブでも聞いたことはないと思います。
 そんな名曲群をベースに、強烈なグルーヴと清廉なバラード、全体を包み込むようなエレピの美しい響き。
 ポップにすぎず、マニアックになりすぎず、ゆるすぎず、ハードになりすぎず、最高のバランス。
 直後の“Hymn of the Seventh Galaxy” (1973) 、あるいは近いメンバーの“Butterfly Dreams” (Dec.1973) Flora Purimと比べても、本作が一番古くなっていないように感じます。
 本作でもバンドを牽引するのはStanley Clarkeのベース。
 静かに寄り添うドラムと全体を包み込むエレピ、それらを背景に突っ走るJoe Farrell。
 やはりこの4人、あるいはこのピアノトリオでしか出せない独特の上品なグルーヴがあるように思います。
 “Return to Forever” (Feb.1972)よりもベースの音量は抑え目、エレピが大き目で、これが普通のバランスかもしれません。
 レーベルがECMではないことに起因しそうですが、善し悪しはお好みでしょう。
 次作はStanley Clarke のみを残してハードフュージョンな“Hymn of the Seventh Galaxy” (1973)。
 実はこの先をきちんと聞いたことがなかったりするのですが・・・
 私的な興味関心は“Butterfly Dreams" (Dec.1973) Flora Purimへ移ります。

 
 

posted by H.A.