“Everything's Beautiful” (2015) Miles Davis & Robert Glasper
Robert Glasper (Piano, Keyboards, Percussion)
Danny Leznoff, Kyle Bolden, John Scofield (Guitar) Chris Rob (Electric Piano)
Derrick Hodge, Braylon Lacy, Burniss Earl Travis II (Bass)
DJ Spinna (Drum Programming) Rashad Smith, DJ Spinna (Percussion) Hiatus Kaiyote (Program, etc)
Bilal, Illa J, Bianca Rodriguez, Phonte, Nai Palm, Laura Mvula, Amber Strother, Anita Bias, Georgia Anne Muldrow, Ledisi, Chris Rob (Vocals) Erykah Badu (Vocals, Percussion)
Lakecia Benjamin (Alto, Tenor Sax) Stevie Wonder (Harmonica) Brandee Younger (Harp)
 
Everything's Beautiful
Miles Davis
Sony Legacy
2016-05-27
ロバード グラスパー

 Robert GlasperのMiles Davis曲集。
 Robert Glasper Experiment名義にはなっていませんが、”Black Radio” (2011)的なヒップホップ、ネオソウル作品。
 もっと柔らかくて淡い感じかもしれません。
 フワフワとしたエレピ、打ち込みっぽいドラム中心の音に、曲ごとにボーカリスト、ゲストが入れ替わるスタイル。
 若手、HipHop系の人については詳しくありませんが、ベテランのビッグネームとしてはErykah Badu、Stevie Wonder、John Scofield。
 ”Milestones”はさておき、エレクトリックMilesが好きな人にとっては、”Maiysha”、”Little Church”などのレアグルーヴがカバーされていたり、”Silence Is The Way”、 “Song for Selim”なんてタイトルの曲があったりすると、ジャズではないことはわかっていても、どうしても手が出てしまうところ。
 おまけに”Maiysha”をErykah Baduが歌うとなると・・・

 Milesのしゃがれ声のサンプリングをラップ風に、Joe Zawinulのエレピのサンプリングをループに仕立てた穏やかなグルーヴからスタート。
 そんな感じのマニアックでオシャレな遊び心が溢れた音作りが続きます。
 お目当てのErykah Baduの”Maiysha”も予想通りの音。
 とても優し気な素敵なメロディ、まさにレアグルーヴなのですが、この曲、本当に硬派で孤高のMilesが書いたのかなあ?と聞くたびにいつも思う、オシャレな曲。 
 柔らかなビートとフワフワとしたエレピに乗ったクールな歌声。
 ちょっと時代っぽいシンセの音にニヤリとしていると、続くのはホンモノのMilesのトランペットのサンプリング。
 これには思わず笑ってしまうというか、元ネタを知っている人は楽しくなってくる作り。
 さらにMiles とErykah BaduとのDuo状態。
 これは両方のファンからすれば、涙チョチョ切れな演出。
 プロモーションビデオもパロディ半分で楽しそうだし、元ネタと1970年代の時代感が見ても聞いても楽しくなってきます。
 「こんなバカなことに付き合わせやがって・・・」とErykah Baduさんが思ったかどうかはわかりませんが、感情が読み取れないクールな表情、いつも通りに据わった眼差しがなんともミステリアス。
 この約7分間だけでもう十分でしょう。
 気になる人は“Get Up with It” (May.1970-Oct.1974) Miles Davisを聞いてみましょう。
 元ネタは、オシャレなメロディの後にズルズルギター、さらにあのStuffのGordon Edwards風グルーヴ、その他諸々???、まさにレアなトラックです。 
 そういえばErykah Baduの以前のステージのオープニングは”So What”でしたね。

 さておき、他も含めてフワフワとしたエレピを中心とした穏やかな音を背景にして、いかにも今風のラップ、ネオソウル的な歌が乗ってくる構成。
 一部を除き、原曲の形はありません。 
 一部のドスが効いたラップには引いてしまいますが、サウンド自体は柔らかくて心地よい音。
 さらにそれに要所に元々の音源からのサンプリングが乗ってくる構成。
 それに気づいてニッコリするのはマニアだけの楽しみ。
 いかにもなラップの曲の中で、これ、どこかで・・・?”Blue in Green”のBill Evans?・・・とかが隠されていますので、探してみましょう。 
 これ、なんて曲のどこの部分だっけ?とか思い、クレジットを確認して、納得したり、忘れていたり・・・
  “Milestones”は妖しいコーラスが錯綜する8ビートに、鬼のようなアルバム”Live Evil” (Feb.Jun,Dec.19,1970) に収録されたオシャレなブラジリアンレアグルーヴの”Little Church”、“Song for Selim”は、さらにオシャレに、しかも妖しく仕上がっています。
 もちろんジャズっぽさはありません。
 Milesっぽくもありません。
 でも、これをジャズじゃないとか、Milesじゃないとかいうのは野暮ってもんでしょうねえ。
 Milesをネタにしてカッコいい音楽やってるねえ、オシャレじゃん・・・・・・が、Milesを聞いてきた人の大人な反応のように思います。私は。
 今の時代の「クール」な音はこんな感じなのでしょう。
 たぶん。




posted by H.A.