“My Funny Valentine” (Feb.1964) Miles Davis
Miles Davis (Trumpet)
Herbie Hancock (Piano) Ron Carter (Double Bass) Tony Williams (Drums)
George Coleman (Tenor saxophone)

My Funny Valentine
Miles Davis
Colum
マイルス デイビス


 Miles Davis、“Four & More” (Feb.1964)と同ステージのバラード集。
 この期のこのバンドの凄さは、“Four & More”のような激しい演奏でのフレキシブルな動き、圧倒的なインプロビゼーションとインタープレー、そしてなぜかクールな質感、なのだと思うのだけども、この人のバンドのバラード演奏が悪いわけがありません。
 というか、この期のMiles作品ではこのアルバムを一番聞いているように思います。
 一番楽に聞けて、かつ変化に富んでいるように思うから。
 あの、卵の殻の上を歩くような・・・神経質な音使いではなくて豪放な演奏、マッチョなバラード。
 スローテンポばかりではないし、各曲中盤に向けてビートが上がり、4ビートのグルーヴが出る瞬間、ベースのウォーキングがたまらなく心地いいし、その後も変幻自在、伸び縮みするビート。
 御大もさることながら、ピアノもバラードの名手。
 タイトル曲のピアノのバッキング、さりげないオブリガード、最後のビートを落としてからのピアノソロはちょっと凄い演奏。
 サックスもいつになくハードボイルドな音使い。
 などなど、オーソドックスなようでも凡百のバラード演奏ではなくて、山あり谷あり、このバンドならではの伸び縮みするビートのバラード集。
 懐かしのメロディがなぜか新しく聞こえます。
 クールです。
 カッコいいです。




posted by H.A.