“Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davis
Miles Davis (trumpet)
Joe Zawinul, Larry Young, Chick Corea (electric piano) John McLaughlin (electric guitar) 
Dave Holland (bass, electric bass) Harvey Brooks (electric bass) 
Lenny White, Jack DeJohnette (drums) Don Alias (congas) Juma Santos (shaker, congas) 
Wayne Shorter (soprano saxophone) Bennie Maupin (bass clarinet) 

Bitches Brew
Miles Davis
Colum
マイルス デイビス


 泣く子も黙るジャズ、あるいはフュージョン、コンテンポラリージャズの聖典。
 私風情が解説するだけ野暮。
 カッコいいので黙って聞いてみましょう、以上。
 でよいのかもしれませんが・・・

 ・・・実際はモダンジャズのファンからは敬遠されているのでしょう。
 アコースティック4ビートではないのはもちろん、明確なメロディや慣れたスウィング感があるわけではなく、一曲がやたら長くて単調に聞こえたり、難解なイメージがあったりするのも確か。
 が、1970年代以降のフュージョン、コンテンポラリージャズの根っこになったアルバムであるのは間違いありません。
 以降の発展型としてざっと思いつくだけでも、Weather Report、Return to Forever、Life Time~Mahavishnu Orchestra、Head Hunters、ここには参加していませんがKeith Jarrett・・・
 あるいはこの後、この作品の人脈を何人も吸収していくECMレコード・・・
 ECM、全く質感が違うようですが、その根のひとつはこのアルバムだろうなあ、と思っています。
 その他、その影響は計り知れません。

 前後のライブアルバム”1969Miles” (Jul.25,1969)、”Live At The Fillmore East - It's About That Time” (Mar.1970)、“Miles At Fillmore(完全版)”(Jun.1970)などを聞くと、そちらの方がエネルギーの放出感は大きいし、まとまった演奏。
 おそらく、ライブではどの曲をどのくらいの時間で、といった制約の中でまとめる演奏であったのに対して、スタジオでは時間的にはフリーなセッションだったのでしょう。
 それをテープ編集で作品としてまとめる、”In a Silent Way” (Feb.1969)と同じこの期のMilesさんの手法。
 そちらは穏やかでしたが、本作は激しい系。
 4ビートの呪縛からも解放され、テーマもあるのかないのか、至極シンプル。
 ロックとジャズが混ざるビート、シンプルな制約の中で、自由自在、変幻自在のインタープレー。
 静かにヒタヒタと迫ってくる系のビート、グルーヴも、おそらくこの作品あたりが端緒でしょう。
 ジャズ的ではない違和感、破天荒さはあるにせよ、インタープレーの極め付け。
 各人のソロの場面はたっぷり、エレピ、ドラムとの激しいインタープレーが目立ち、短い混沌はありますが、無秩序にはなりません。
 ビートは変われど、“E.S.P.” (Jan.1965) 以降、あるいは”Milestones” (1958)、"Kind of Blue" (1959)以降、コード進行の制約を取り除いたモードジャズの集大成といったとらえ方もあるのでしょう。
 おりしも1960年代の終わり。
 モダンジャズ、ハードバップ、フリージャズの時代の終わりを告げるようなタイミング。
 この後のコンテンポラリージャズの根幹の作品だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 LPレコードA面を占める"Pharaoh's Dance"。
 淡々と刻まれるロックとジャズが入り混じる、ヒタヒタと迫ってくるようなビート。
 エレピとバスクラリネットの作る妖しいムードがしばらく、やっと登場する御大のトランペット。
 テーマらしいテーマもなく、端正な音で探るようなフレージング。
 トランペットのテンションが上がるにつれて音量を上げるバンド。
 続くバスクラリネットの妖しい展開に激しいカウンターを当てるエレピ。
 ギターも交わり、短い混沌の後、再び登場する端正なトランペット・・・
 さらに幻想的なソプラノサックス、アグレッシブなギターに合わせて再び音量を上げるバンド・・・
 決して大音量でも、過度に熱くなるわけもないクールな演奏。
 エレピは終始暴れまくっていますが、淡々としたビート、トランペットの端正なムードが全体を支配する、クールさ、妖しさ120%の演奏。

 B面も”Bitches Brew”一曲。
 定まらないビートと妖し気なトランペットのイントロダクションに続く、ヘビーなビート、リフ。
 さまざまな楽器の複雑なビート感の絡み合い。
 トランペットのテンションが上がるにつれて強くなる混沌・・・そのままギターとエレピのインタープレーに突入。
 ビートが落ち着いたところで再び登場するトランペット、ソプラノサックス、ウッドベース・・・
 入れ代わり立ち代わりのソリストとエレピとの格闘が続きます。

 C面に移ってやっとノリのいいビート、心地いいグルーヴのファンク”Spanish Key”。
 トランペットに続くギター、さらにはソプラノサックスとエレピの激しいインタープレー。
 混沌はありませんが、ハイテンションなインタープレーが続きます。
 その動きを支配し、その中を堂々と闊歩するようなトランペットのカッコよさ。
 軽やかなビートも合わせて爽やかですらあります。
 さらに、ギターがフィーチャーされるその名も”John McLaughlin”。
 これまたギターとエレピ、さらにはドラムも加わり、短いながらも激しいバトル。

 

 D面は“Miles Runs the Voodoo Down”と“Sanctuary” 。
 粘りのあるビートの、ゆったりとしたファンクからスタート。
 トランペットの激しく長尺なソロと激烈なギターのソロ。
 さらにソプラノサックスを経て、完全にブチ切れたような凄まじいエレピ。
 そのままテンションが高いバンドを背景にしたトランペットで締め。
 そして最後はビートが定まりそうで定まらない、ルバートなスローバラード。
 終始ゆったりとしたトランペットと激しく動くバンド。
 徐々にテンション、音量を上げ、ドカーンと盛り上がって大団円。




 小さな音で聞くとトランペットのみが飛び出て来て、単調にも聞こえるのかもしれませんが、大音量で聞くと細部まで見えてきて、いまだに毎度新しい発見。
 この期のライブ作品は直球勝負の爆発的な演奏ですが、このアルバムは幾重にも重なったインタープレーの綾。
 いやはやなんとも凄い演奏集。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆モダンジャズ、ハードバップ
(1959)     "Kind of Blue"
(Mar.1961)   "Someday My Prince Will Come"
(Apl.1961)   "In Person Friday and Saturday Nights at the Blackhawk"
(May.1961)   "Miles Davis at Carnegie Hall"
(1962)     “Quiet Nights”  
(Apl.May.1963)  “Seven Steps to Heaven” 

◆モーダル新主流派ジャズ
(Jul.1963)    “Miles Davis in Europe” 
(Feb.1964)    “Four & More”、“My Funny Valentine” 
(Jul.1964)    “Miles in Tokyo” 
(Sep.1964)    “Miles in Berlin” 
(Jan.1965)    “E.S.P.” 
(Jul.1965)    “(Highlights From) Plugged Nickel” 
(Oct.1966)    “Miles Smiles
(May.1967,1962) “Sorcerer
(Jun.Jul.1967)  “Nefertiti” 
(Oct,Nov.1967) “Live in Europe 1967: Best of the Bootleg, Vol. 1"

◆電化ジャズ、ファンクジャズ
(Jan.May.1968)  “Miles in the Sky” 
(Jun.Sep.1968)  “Filles de Kilimanjaro” 
(Jun.1967,Nov.1968) “Water Babies” 

◆電化ジャズ、ファンクジャズ、フリージャズ
(Feb.1969)    “In a Silent Way” 
(Jul.5,1969)    ”Bitches Brew Live” /一部 
(Jul.25,1969)   ”1969Miles - Festiva De Juan Pins” 
(Jul.26,1969)   “at Festival Mondial du Jazz d’Antibes, La Pinede, Juan-les-Pins, France” 
(Aug.19-21,1969) “Bitches Brew” 


posted by H.A.