“Ballads” (1988) David Murray
David Murray (tenor saxophone)
Dave Burrell (piano) Fred Hopkins (bass) Ralph Peterson Jr. (drums)

Ballads
DIW
デビッド マレイ


 過激なサックスのDavid Murray、日本制作のマラソンセッション“Lovers”, “Spirituals”, ”Ballads”, ”Tenors”, “Deep River” (1988) の中の一作。
 本作は“Lovers”と同様にバラード集。
 もちろん似たテイストですが、スローテンポ~激情系が多い“Lovers”に対して、ミディアムテンポが多い本作。
 “Lovers”は辛口のバラード集ですが、本作は穏やかでマイルド。
 Dave Burrellは終始落ち着き払ったピアノ。
 エンジンが掛からなかったか、穏やかにまとめようとしたのか?
 そんな音を背景にしても、インプロビゼーションになるとグシャグシャと崩れていくMurrayさん。
 結果、決して甘口ではありませんが、珍しく優し気なムードはあります。
 各人が持ち寄った淡い色合いの穏やかなオリジナル曲。
 このシリーズでは一番聞きやすいアルバムかな?
 奥様の美形ポートレートのジャケットにはよく騙されますが、本作はジャケット的な音です。 




posted by H.A.