“Ming” (1980) David Murray Octet
David Murray (tenor sax, bass clarinet)
Henry Threadgill (alto sax) Olu Dara (trumpet), Lawrence "Butch" Morris (conductor), George Lewis (trombone), Anthony Davis (piano) Wilbur Morris (bass) Steve McCall (percussion)

Ming
David Murray Octet
Black Saint
デビッド マレイ


 過激なサックスのDavid Murray、大所帯での過激なジャズ。
 フリーな場面が長いわけではありませんが、激情型のコレクティブインプロビゼーションやら、全員がブチ切れた演奏やら、超弩級にハイテンションなジャズ。
 “Bitche’s Brew”(1969) Miles Davisから10年、新手のエネルギー放出型ジャズ。
 アコースティック4ビートがベースではあるのですが、ここまで激しいと何か別物のように聞こえてきます。
 David Murray、あまりにも作品が多いので、また同時進行で追いかけていたわけではないのですが、この作品あたりが彼のベースとなっている音楽なのでしょうかね?
 イタリアのレーベルからですが、NYロフト系といった括りがあり、これなどが代表的な音なのでしょうかね?
 それにしても凄い演奏力。
 決してビッグネームばかりではないのですが、全員が凄まじい演奏。
 特にホーン陣はリーダーも真っ青な激烈さ。
 どのソロも凄い表現力、感情がそのまま音に乗ったような、コメカミの血管が切れてしまいそうな演奏揃い。
 バラードかと思い安心していると、気が付けばどこかわからない混沌とした妖しい世界になってみたり、突然大音量のフリーインプロビゼーションが始まってみたり・・・
 やりたい放題。
 ジャケットは美形ポートレートですが、騙されてはいけません。
 とても激烈な音楽。
 この季節に聞くとサウナで全力疾走しているような・・・
 でもとてもカッコいい音楽です。




posted by H.A.