“The Sea II” (1996) Ketil Bjørnstad
Ketil Bjørnstad (piano)
Terje Rypdal (guitar) David Darling (cello) Jon Christensen (drums)

Sea 2
Ketil Bjornstad
Ecm Import
ケティル・ビヨルンスタ
ヴィッド ダーリング

 ノルウェーのピアニストKetil Bjørnstad、「海」をテーマにした“The Sea” (1994)の続編。
 メンバーはそのまま、質感もそのまま、ドラマチックな仕立て。
 とても悲し気なオリジナル曲。
 淡々と微妙にタメを効かせてメロディ、背景を紡いでいくピアノ。
 その上を漂う沈痛なチェロの響き。
 音楽が高揚したところで登場する、強いディストーション、尋常ではない激情のロックギター。
 胸が締め詰められるようなチェロの響きに対して、心をかき乱されるような、凄まじいまでにドラマチックなギター。
 歪んだギターは苦手ですが、ここまでくるとこれしか無いように思います。
 私が知る限り、バラードでの激しい系ギターソロではこのシリーズが一番カッコいいかも・・・
 そんな感じの凄まじい弦のコンビ。
 といったところまでは前作と同じイメージですが、本作ではJon Christensenのドラムが活躍する場面が多いように感じます。
 逆にリーダーのピアノは一歩引いて背景を作る役割に徹している印象。
 フリー、ヒタヒタと迫ってくる系、激しく煽る系・・・、Jon Christensenの持ち味全開のビート。 
 何曲かあるルバートでのバラードでも、フリーなビートが効いて強烈な浮遊感、とてもドラマチック。
 個々の楽曲のメロディ、全体の統一感、ストーリー性、緊張感など含めて、前作の方が人気なのかもしれません。
 が、ドラムが強く、ビート感が強調されている分、躍動感は本作の方があるように思います。
 といったことも含めて、私は本作の方がお気に入り。
 ジャズとして・・・?
 さて?聞いてみてください。
 素晴らしい音楽であることは間違いありません。




posted by H.A.