“ao vivo” (2014) Rosa Passos
Rosa Passos (vocal, guitar)
Lula Galvao (guitar) Jose Reinoso (piano) Paulo Paulelli (bass) Celso de Almeida (drums) 

Ao Vivo
Biscoito Fino
2016-05-13
ホーザ パッソス

 現代最高のボサノバ~MPBのボーカリストRosa Passos、2016年発表の最新作、ライブアルバム。
 サポートはいつものLula Galvaoのギターに加えて、ジャジーなピアノトリオ。
 集大成の意味合いもあるのでしょう.
 近年の作品のイメージ通りジャズのムードが濃厚な華やかな演奏から、少人数での静かな演奏まで。
 コンボもいいのですが、ここでも何曲かのギターとベースのみ、ピアノのみの少人数での伴奏の方が彼女ならではの凄みが一番出る演奏のように思います。
 “Rosa” (2006)、“Entre Amigos” (2003) のような沈んだ凄みは、この人とJoao Gilbertoのみが出せるムードだと思っています。
 彼女はもちろん、バンド全員が手練れ。
 静かなボサノバで始まり、間奏に入るとベースが動き出し、4ビートの強いグルーヴとエキサイティングなインプロビゼーション、間奏が終わるとまた静かな彼女の世界に戻る・・・ってなカッコいい編曲。
 楽曲はいつものお気に入り、Gilberto Gil, Djavan, Jobimなどのブラジルの巨匠の名曲揃い。
 但し、有名曲ではなく隠れた名曲の渋い選択。
 それらの巨匠の作品に匹敵する彼女のオリジナル曲がチョイスされていないのは少々残念なところではありますが・・・
 終盤に向けて盛り上がっていくライブ定番の構成、さりげない高揚感。
 普通に演奏しているようで、このバンドでしか聞けなさそうな上質なグルーヴ、そして全編を漂う穏やかな郷愁感。
 やはり集大成。
 この人の作品にハズレなし。
 すべて名作。

※別のステージから。



 初期は作り込まれたMPB。
 今風に洗練されたオーソドックスなボサノバ、さらにはファンクを経て、“Entre Amigos” (2003)あたりで音数が絞り込まれ、以降ジャズ色が強くなっている、といったイメージでしょうか?
 当時流行っていた録音やアレンジが自然な形に落ち着いただけで、実は全く変わっていないのかもしれません。
 ボーカルは初期から特別。
 少し遅れ気味のビート、沈んだムードの自身のギターも特別。
 個人的な好みは、それらの両方がたっぷり聞ける弾き語りの“Rosa” (2006)。
 コンボだとオリジナル曲が映える“Morada do Samba”(1999)ですかね。
 キッチリ作りこまれた完成度の高いMPB作“Pano Pra Manga”(1996)もいいですねえ。 
 いずれにしてもハズレなし、どれも名作のスーパーアーティストだと思います。

(1979) “Recriação
(1988) “Amorosa”
(1991) “Curare
(1993) “Festa
(1996) “Pano Pra Manga
(1997) “Letra & Música - Ary Barroso” with Lula Galvao
(1998) “Canta Antonio Carlos Jobim
(1999) “Morada do Samba
(2000) “Rosa Passos Canta Caymmi
(2001) “Me and My Heart”  
(2002) “Azul” 
(2003) “Entre Amigos
(2004) “Amorosa
(2006) “Rosa
(2008) “Romance
(2011) “É Luxo Só
(2013) “Samba dobrado”
(2014) “ao vivo


posted by H.A.