“Cello” (1991,1992) David Darling
David Darling (cello)

Cello
David Darling
Ecm Records
デヴィッド ダーリング



 David Darling、タイトル通り、チェロのソロ作品。
 “Journal October” (1979)から十年振り。
 同じくオーバーダビングはありますが、本作はチェロのみ。
 ECMでの前作、コンボでの”Cycles” (1981)のようなビート感はなく、クラシック的な作品です。
 “Journal October” (1979)は少しとんがったイメージがありましたが、こちらはとても穏やかな表情。
 低く響く沈んだ音。
 ゆったりと漂うような抽象的なメロディ、漂いながら落としどころを探しているような展開。
 静かで内省的、心の深いところを眺めるような音、そんなイメージの音。
 かといって暗いわけでも深刻でもありません。
 あくまで穏やかです。
 Weekdayの朝に聞くと一日弛緩してしまいそうだけども、休日の朝にはピッタリ。
 “Dark Wood”とタイトルされた曲が三曲。
 おそらく続編、次作“Dark Wood”(1993)へと続きます。




posted by H.A.