“Journal October” (1979) David Darling
David Darling (acoustic, electric cello, voice, percussion)

Journal October
David Darling
Ecm Import
デヴィッド ダーリング


 アメリカのチェリストDavid Darling、ECMでの初作品。
 Ralph Towner、Collin Walcottなども参加していたサックスのPaul Winterのバンドにも参加していたようです。
 元々、民族色も交えた新しいテイストの音楽、ECMカラーとイメージが合う人なのでしょう。
 本作はチェロを中心としたソロ演奏、クラシックの色合いも強い音楽。
 後年の“Cello” (1991,1992)あたりと比べると、フリージャズの色合い、エレクトリックチェロの使用など含めて、素直にクラシックな感じではありません。
 もちろんポップスでもジャズでもない不思議な音楽。
 フリージャズ的なムード、フリーインプロビゼーションの色合いもありますが、おそらく計算しつくされた音作りなのでしょう。
 全編に漂う不思議感。
 さらに強い寂寥感。
 この人の音楽はいつも悲し気。
 絶望や激情があるわけではないのですが、なぜか悲し気。
 チェロの響きに自体にもいつも悲し気な色を感じます。
 メロディアスな展開と抽象的、実験的な色合いが半々。
 複雑で予想できない流れの中に響く、これまた予想できない悲し気なチェロの音。 
 何曲かのとてもメロディアスな曲、背景を作るピチカートとメロディを紡ぐアルコとの絶妙な組み合わせが印象に残ります。
 不思議な構成の中から突然現れる美しいメロディ、チェロの音色、その抑揚、表現力には、いつも胸を締め付けられるような思いを感じます。
 怖いわけでも、鬼気迫るといった感じでもないのですが、淡々とした感傷、あるいは寂寥。
 そんな感じ。
 その色合いは、次作、コンボでの名作”Cycles” (1981) へと続きます。




posted by H.A.