“Sakésho” (2002) “We Want You To Say” (2005) Sakésho
Andy Narell (steelpan) Mario Canonge (piano) Michel Alibo (bass) Jean-Phillip Fanfant (drums)

Sakesho
Sakesho
Heads Up
アンディ ナレル
サケショー



 


 アメリカのスチールパン奏者Andy Narellと、カリブ出身、フランス在住のピアノトリオとのバンド。
 アコースティックなカリビアン・フュージョンといった面持ちの作品。
 いつものAndy Narellのアルバムだと洗練されたアメリカンな感じが強いのですが、このグループは少々ラフでダイナミックな感じでしょう。
 よく動くエレキベースとキレのあるにぎやかなドラムが作るラテンなビート。
 強烈な疾走感のピアノ。
 何気なく自然に繰り出されるラテンピアノの象徴、モントゥーノがカッコいい。
 強烈なグルーヴとこれでもかこれでもかとたたみかけてくるエキサイティング&スリリングな演奏。
 各人ともに凄い演奏力。
 これはピアノトリオだけでも凄いバンド。
 これだけのグルーヴと推進力を出せるバンドはそうそうないでしょう。
 Andy Narellも負けじとスティックの動きがいつもより速いかも。
 アコースティックピアノが中心となった背景な分だけ、Andy Narellのいつものリーダー作よりもジャズっぽい感じでしょう。
 メンバーが持ち寄ったオリジナル曲、Andy Narellはいつもの哀愁交じりですが、他は明るくて元気いっぱいなビートとメロディ。
 エアコンが効いたホテルのラウンジっぽいAndy Narellのフュージョン諸作に対して、炎天下な感じの熱いラテンジャズ。
 アルバム二作、どちらも同質、同レベル、とても心地よいカリビアン・ジャズ。




posted by H.A.