“Tatoom” (2006) Andy Narell
Andy Narell (Pans, Tenor Bass/Tenor Pan, Guitar, Various Instruments)
Sonia Descamps (Pans, Tenor Pan) Laurence Guerrini (Pans) Ellie Mannette (Steel Drums) Jean-Philippe Fanfant, Mark Walker (Drums) Luis Conte (Congas, Percussion, Timbales) David Sanchez (Tenor Sax) Mike Stern (Guitar)

Tatoom
Andy Narell
Heads Up
アンディ ナレル


 スチールパン奏者Andy Narellのフュージョン作品。
 いつもは普通のフュージョンバンド編成にスチールパンが入る形ですが、本作ではベース、キーボードを排して打楽器以外はスチールパンで音を作る形態。
 本場カリブのスチールパンオーケストラをイメージしたのでしょう。
 いつもの彼のアルバムとは少々ムードが異なります。
 が、この人の場合、やはり洗練された音。
 素朴な感じに作ろうとしたのかもしれませんが、やはりリゾートホテルのラウンジっぽいフュージョンミュージック。
 但し、他の作品はエアコンが効いたリゾートホテルのラウンジな感じですが、本作は同じくリゾートホテルのラウンジでもオープンエアー。
 ちょっと湿った柔らかな風が吹いてくる音・・・
 ゲストで数曲のみ演奏するMike Sternのギターがカッコいい。
 歪ませないでコーラス?をかけた、涼し気なクリーントーン。
 スムースかつ強烈な加速感、疾走感が心地よいことこの上なし。
 カリブ出身のジャズメンDavid Sanchezもいかにもそれらしい、が、熱くはならないクールなサックス。
 夏はやっぱりこの手の音がいいですね。
 もうちょっと薄目な方が、もっと涼し気でいいのかな?




posted by H.A.