“Getz/Gilberto'76” (May.1976) Stan Getz/ João Gilberto
Stan Getz (Tenor Sax) João Gilberto (Guitar, Vocals)
Joanne Brackeen (Piano) Billy Hart (Drums) Clint Houston (Bass)

Getz/Gilberto '76
Stan Getz
Resonance Records
スタン ゲッツ 
ジョアン ジルベルト





 
 Stan Getz、João Gilbertoの共演ライブ、2016年発表。
 “The Best of Two Worlds” (May.1975)の一年後、アメリカ西海岸のライブハウスでの演奏。
 当時のStan Getzバンドに客演した形、そのライブのJoão Gilbertがフィーチャーされた部分を抜き出したのでしょう。
 録音もJoão Gilbertの声に合わせたミキシング。
 目の前で歌っているような生々しさ。
 その分、サックスを除く他の楽器が沈んで聞こえますが、まあ良しとしましょう。
 全体のムードは静謐な“Getz/Gilberto” (1963)よりも、華やかな”The Best of Two Worlds” (May.1975)に近いのでしょう。
 淡々としたギターのビートと、その上で自在にズレを作っていくようなVoice。
 聞きなれたはずの定番”5月の雨”、”白と黒のポートレート”などが新鮮に聞こえます。
 何曲かはStan Getz抜きの静謐なJoão Gilberto世界。
 グラスが軽くぶつかる音が目立ってしまう静かな時間。
 サックスの音はちょっと大きすぎるかな?
 やはり“Getz/Gilberto” (1963)の抑制的なムードは特別だったのでしょうね。
 それでもメロディアスでカッコいいソロの連続。
 メロディアスな上にきちんと起承転結を作ってくる人だけに、間奏の入り方、まとめ方、歌とのつなぎがどうなるのか意識して聞くと面白いなあ。
 サックス自体はJoão Gilbertoがいない自身のアルバムと同じなのかもしれませんが、静と動の対比、静から動、動から静への繋がりがGetz/Gilbertoのカッコよさなのでしょう。
 想像した音といえばその通りなのですが、やはりGetz/Gilbertoは特別です。

※同時期、Joao Gilbertoのいない別の演奏から・・・



 Stan Getzのボサノバシリーズ。
 ジャズサンバの方が言葉としては似合いそうですね。
 やはりJoao Gilbertoの参加作は一味違います。
 また“Getz/Gilberto”は極めて特別なアルバム。
 沈んだムードが支配する凄みは別格。
 “Getz/Gilberto'76”にも少しだけそれを期待しましたが、なかなかそうはいきません。
 でもすべて名アルバムです。

(Feb.1962)   “Jazz Samba” 
(Aug.1962)   “Big Band Bossa Nova” 
(Feb.1963)   “Jazz Samba Encore!” 
(18,19,Mar.1963)“Getz/Gilberto” 
(21,22,Mar.1963)“Stan Getz with Guest Artist Laurindo Almeida” 
(May.Oct.1964) “Getz Au Go Go” 
(Oct.1964)   “Getz/Gilberto Vol. 2” 
(May.1975)   “The Best of Two Worlds” 
(May.1976)   “Getz/Gilberto'76” 


posted by H.A.