“Como respirar” (2008,09) Georgina Hassan  
Georgina Hassan (voice, cuatro venezolano, guitar)
Diego Penelas (piano, guitar, voice) Fernando Mántaras (contra bass) Rodrigo Quirós (drums, percussion) Lito Vitale (accordeon) Raly Barrionuevo (voice) Facundo Guevara (percussion) and others

Como Respirar
Georgina Hassan
ヘオルヒナ ハッサン


 アルゼンチン、現代フォルクローレのボーカリスト。
 瑞々しいアコースティックサウンドに透明度高い系のvoice。
 定番の現代フォルクローレサウンド。
 とても優雅なビート。
 バックビートは効いていませんが、その分穏やかで優しげな音。
 水の音、虫の声を背景に緩やかにアコースティックギターを爪弾く系。
 ピアノとギターを中心にしたオーソドックスなサウンド。
 さらに穏やかなピアノとアコーディオン、ベネズエラのウクレレ?クアトロの素朴な音、スチールパン的な音・・・
 などなど、趣のある穏やかな音の連続。
 ジャズ度、ボッサ度はありません。
 オーガニック系のポップスに一番近いのかもしれません。
 決して多くない音数ながら、繊細に作り込まれた音作り。
 個々の楽器の絡みを聞いているだけでも結構楽しかったりします。
 タイトルは「呼吸」の意?
 確かにそんな感じのさりげない日常の音。
 なお、お国もジャンルは違うのでしょうが、また発表も前後しますが、ブラジルのGisele De Santi“Casa” (2016)あたりと雰囲気が似ています。
 そちらは近年では出色のとても美しい作品ですが、同じぐらい美しい作品。
 美しい声と上品な演奏です。
 



posted by H.A.