“Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava
Enrico Rava (Trumpet) Barbara Casini (Voice, Guitar)
Stefano Bollani (Piano) Giovanni Tommaso, Nicola Jannalfo (Double Bass) Roberto Gatto (Drums) Franco Fiolini (Bass Clarinet) Moreno Foschi (Bassoon) Tatiana Patella, Valentina Turati (Cello) Mauro Negri (Clarinet) Claudio Allifranchini (Flute) Giovanni Pompeo (French Horn) Domenico Laracchia (Oboe) Bruno Pucci, Florinda Ravagnani (Viola) Angela Koukou, Arturo Del Vecchio, Cinzia Pagliani, Filippo Gianinetti, Ivana Sparacio, Luciano Saladino, Luisiana Lorusso, Maurizio Azzarello (Violin)

Vento
Label Bleu
バーバラ カシーニ 
エンリコ ラバ


 Enrico Rava、イタリア在住ブラジル人?ボーカリストBarbara Casiniとの共同リーダー作。
 オーケストラも交えたとても豪華で優雅な作品。
 Enrico Rava、あるいはジャケットのイメージからは想像しにくいのですが、ブラジリアンジャズを中心としたアルバム。
 ピアノはもちろんブラジル大好きStefano Bollani。
 Barbara Casiniは透明度の高い美しい声、柔らかな素晴らしい歌。
 “Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaにも参加しています。
 イタリアではブラジル系音楽の第一人者なのかもしれません。
 あくまでBarbara Casiniの音楽が中心。
 全体のムードにEnrico Ravaの色合いはありませんが、作曲含めて渋いサポート。
 Enrico Ravaのブラジル音楽はあまり馴染がないのですが、これがピッタリ。
 哀愁が漂うクールな音使い~時折の激情はいつも通りですが、それがそのままブラジル的な郷愁漂う色合いとマッチしてます。
 楽曲はリーダー二人に加えてメンバーのオリジナル曲中心。
 これはブラジル人の曲かな、と思った曲がEnrico Rava作だったり・・・
 ブラジル風味の曲からコンテンポラリージャズ的な曲まで、イタリア的な哀愁も漂ういい曲ばかり。
 とても優雅です。
 Barbara Casini、他にもいい作品がありそうなので、探してみよ。




posted by H.A.