“Shades of Chet” (1999) Enrico Rava / Stefano Bollani / Paolo Fresu / Roberto Gatto / Enzo Pietropaoli
Enrico Rava (Trumpet) Stefano Bollani (Piano) Paolo Fresu (Trumpet) Roberto Gatto (Drums) Enzo Pietropaoli (bass)

Shades of Chet
Paolo Fresu & Enrico Rav
Content
エンリコ ラバ 
パオロ フレス


 Enrico Rava、Paolo Fresu二人のイタリアントランぺッターがChet Baker所縁の曲を演奏する企画。
 バンドもStefano Bollaniを含むイタリアン。
 意外にもオーソドックスなジャズ。
 妙な仕掛けも何もなく、もろあの時代のWest Coast Jazzな音。
 Enrico Rava、Paolo Fresuの全ての作品を聞いているわけではありませんが、私が知る限りもっともモダンジャズしている作品。
 Stefano Bollaniもモダンジャズピアノです。
 律儀にもバース交換までやってたりして・・・この人脈で聞くのは初めてだと思うなあ・・・
 ともあれ、Enrico Rava、Paolo Fresuの対比が面白いところ。
 音に艶があり情感が乗るEnrico Ravaに対して、クールで淡々としたPaolo Fresu。
 どちらもChet Baker的だとは思わないけども、近いのはもちろんPaolo Fresu。
 ま、この手の作品、分析的に聞くのは野暮ですね。
 コンテンポラリー系の人たちもみんなモダンジャズが好きなんでしょう。
 Chet Bakerはもっとサラッとしてたんじゃなかったかなあ、違ったかなあ・・・
 ・・・とか思い出せそうで思い出せない。
 Chet Baker聞き直そうっと。




posted by H.A.