“Nearness of You: The Ballad Book” (2000) Michael Brecker
Michael Brecker (Tenor Saxophone)
Pat Metheny (Guitars) Herbie Hancock (Piano) Charlie Haden (Bass) Jack DeJohnette (Drums) James Taylor (Vocal)

Nearness of You-the Ballad Boo
Michael Brecker
Imports
マイケル ブレッカー


 Michael Brecker のバラードアルバム。
 “Time Is of the Essence” (1999) まですっと激烈系でしたので一休み、チェンジオブペース。
 メンバーは変わって、初単独リーダー作“Michael Brecker” (1987)のメンバーからピアノが変わっただけですね。
 やはりバラードにはCharlie Hadenのタメを効かせたベース、Herbie Hancockの繊細なピアノが合いますねえ。
 スタンダード含めて名曲揃い。
 “Chan's Song"はHerbie Hancock、"Don't Let Me Be Lonely Tonight"にはJames Taylor本人が参加。
 Michael Breckerのサックスは吹き方が変わっています。
 バラードでもなんでも力で押し切るイメージが強かったのですが、タメが入って、ビブラート強め、吹き切ってないというか、抑え気味というか・・・
 Michael Breckerっぽくないのですが、諸々試していたのかもしれません。
 Pat Methenyはこのコラボでのいつもの抑えたイメージ。
 本作のProducerはPat Metheny。
 でも、Pat Metheny っぽい曲はブラジル曲”Nascente”だけかな?
 これがカッコいいので、この線をたくさんやって欲しかったなあ。
 さらにJames Taylorとくれば、人気曲”James”やれば、なんて思うのはあまりにも安い企画か・・・
 いずれにしても最高のメンバーで余裕の演奏。
 聞く方も余裕をもって楽しむのが吉。





posted by H.A.