“Pilgrimage” (Aug.2006) Michael Brecker
Michael Brecker (tenor saxophone, EWI)
Pat Metheny (guitars, guitar synth) Herbie Hancock, Brad Mehldau (piano) John Patitucci (double bass) Jack DeJohnette (drums)

Pilgrimage
Michael Brecker
Heads Up
マイケル ブレッカー


 Michael Brecker、遺作。
 本作も豪華メンバーでハイテンションなハードジャズ。
 本作の楽曲は全て本人のオリジナル、例によって複雑怪奇、メカニカルなライン。
 今まではメンバーの楽曲で少しほっとする場合もあったのですが、本作はバラード以外では休ませてくれません。
 テーマのメロディを追いかけるだけでもぐったりしそうなハイテンション。
 ずーっとドラムソロやっているような感じのJack DeJohnetteに、手数多い系、動きまくるベース。
 ファンクから4ビートまで、全てアコースティックですが、ずーーっと激しいビート。
 サックスもいつもにも増してのブチ切れブロー。
 Pat Methenyはこの人の客演ではいつもの抑えた感じのジャズギターが中心。
 ディストーションやギターシンセサイザーでゴリゴリやってもよさそうな音楽ですが、あまりやりません。
 本作でも一曲だけ、それはとても激しいですが・・・
 ピアノがこれまでのバンドよりもスッキリしているのでしょうかね。
 Herbie Hancockもリーダー同様に、ブチ切れながらも端正というか端正にブチ切れるタイプですね。
 といったところで本作も全力投球、完全燃焼の超ハードジャズ。
 間違いなく現代サックスのスタイリスト筆頭だけに、若くしての逝去は残念です。 





posted by H.A.