“Parallel Realities Live...” (1990) Jack DeJohnette
Jack DeJohnette (drums)
Pat Metheny (guitars) Herbie Hancock (piano, keyboards) Dave Holland (bass)

Parallel Realities Live (2cd) [Import]
Parallel Realities Live (2cd) [Import]
ジャック ディジョネット


 Jack DeJohnetteのスーパーセッション、ライブ録音。
 これはブートレッグですね。が、音はまずまず、演奏は強烈。
 “Parallel Realities” (1990)はちょっと不思議なフュージョンミュージックでしたが、Dave Hollandを加えたライブの本作は凄まじい演奏集。
 叩きまくり、弾きまくり。
 初期エレクトリック・マイルスのベース、ドラムにPat Metheny、Herbie Hancock。
 “Live At The Fillmore East” (Mar.1970) Miles Davisなどのテンション、凄みはないにせよ、強烈なハードジャズ~フュージョン。
 冒頭からずーっとドラムソロのようなビートに、ウォーキングだけでも強烈なボコボコベース。凄まじい4ビート。
 Pat Methenyはブチ切れまくり、Herbie Hancockも超ハイテンション。
 Herbieはブチ切れながらも一線を超えないというか、端正なんですねえ。
 文句なしの演奏ですが、MilesがChick Coreaを欲した理由が見えてきたりして・・・
 以降は少々平和なフュージョンやらOrnetteナンバーやら、各人のナンバーやら。
 演奏のテンションは少し落ちますが、それでもエキサイティングな演奏が続きます。
 半数ぐらいが4ビートでのハードジャズ。
 工夫を凝らしたフュージョンもいいですが、ハードでブチ切れた4ビートだけだと懐古趣味になっちゃうんでしょうかね。
 このメンバーの演奏力をもってすれば、それがカッコいいと思うんだけどなあ。 



posted by H.A.