“Passengers” (1976) Gary Burton
Gary Burton (vibraphone)
Pat Metheny (electric guitar) Steve Swallow (electric bass) Eberhard Weber (bass) Dan Gottlieb (drums)

Passengers
GARY BURTON QUARTET
MUSICSTORE
ゲイリー バートン


 Gary Burton、Pat Methenyを迎えた三作目。
 ギターのMick Goodrickが抜け、ドラムが後のPat Metheny GroupのメンバーDan Gottliebに交代。
 さらに“Ring” (Jul.1974)に続いて再度Eberhard Weberが客演したアルバム。
 “Ring”に比べると各人の役割が明確になり、全体的にスッキリとし、インタープレーも整理された印象。
 楽曲はPat Methenyが半数。
 他もいわゆるフュージョン色の強い曲で、それがこの期のバンドのイメージ。
 Patの曲は明るく爽やか系、この時期の彼の色。
 その他の曲を含めてギターソロもまずまず広いスペースをもらっています。
 Eberhard Weberからは“Yellow Fields” (1975) のタイトル曲。
 メンバーの名前からは浮遊感が強い音ができそうなイメージがあるのですが、全体的にはキッチリしたエキサイティング系のジャズ・フュージョン。
 バンドの印象を決めているのは、リーダーもさることながら、不動のベーシストSteve Swallowの音なのかもしれません。
 Gary Burton、Pat Metheny、Eberhard Weberの共演はここで一旦終わりますが、この後、三者ともにECMで素晴らしい作品を量産。
 Pat MethenyとEberhard Weberのコラボレーションは名作”Watercolors” (1977)へと続いていきます。




posted by H.A.