“Dreams So Real” (Dec.1975) Gary Burton
Gary Burton (vibraphone)
Mick Goodrick (guitar) Pat Metheny (12-string-guitar) Steve Swallow (electric bass) Bob Moses (drums)

Dreams So Real
Universal Music LLC
ゲイリー バートン


 Gary Burton、前作“Ring” (Jul.1974) からEberhard Weber が抜け、レギュラーバンドでの録音。
 Carla Bleyの作品集。
 Pat Methenyのデビュー作“Bright Size Life” (Dec.1975)と同月での録音。
 ドイツの同じスタジオ、ドラマーも同じ、連続するセッションなのかもしれません。
 冒頭のタイトル曲は強い浮遊感、幻想的なバラード。
 Gary Burtonの真骨頂。
 全編リーダーの独壇場ですが、最高の演奏。
 この線かと思いきや、続くはベースが強烈なOrnette的4ビート曲。
 Steve Swallow ってこんな攻撃的な演奏していましたっけ?
 超高速なビートを背景に展開されるヴィブラフォンの凄まじいソロ。
 少しビートを落として(曲が変わって)、続くはPat Metheny。
 もちろんこの時点で完全に今に通じるフレージング。
 さらにGary Burton を挟んで、師匠Mick Goodrick の少々ロックでサイケなソロ。
 そんな感じで3者のフロント陣の対比も面白いのですが、基本的にはリーダーのスペースが大きく、Gary Burtonの華やかで浮遊感の強い音を楽しむべき作品。
 スローでは幻想的な浮遊感、アップテンポでは強烈な疾走感。
 残響音が心地よいことこの上なし。
 Pat Methenyの大活躍は次作“Passengers” (1976)以降。
 それにしてもCarla Bleyのわかりやすいようで不思議系のメロディとGary Burtonは合いますねえ。 




posted by H.A.