“Easy Living” (2003) Enrico Rava
Enrico Rava (trumpet)
Gianluca Petrella (trombone) Stefano Bollani (piano) Rosario Bonaccorso (bass) Roberto Gatto (drums) 

Easy Living
Enrico Rava
Ecm Records
エンリコ ラバ


 Enrico Rava、ECM復帰作。
 “Volver” (1986)以来、十数年振りのECMでの録音。
 メンバーは当時のイタリアン・レギュラーバンドなのでしょう。
 端正なジャズ、バラードを中心としたアルバム。
 もちろんECM的な空気感ですが、オーソドックスなジャズにも近い色合い。
 以降もレギュラーバンドと少し変わった編成の作品を概ね交互に録音していく形。
 どれもいい作品です。
 本作、スタンダードはタイトル曲のみ、他は全てオリジナル。
 いかにもイタリアンなEnrio Ravaのメロディ。
 クールながら甘美なメロディ揃い。
 冒頭からこぼれ落ちるような美しいピアノ。
 漂うような音使い。
 全体を通じた不思議系の音使い、特にStefano Bollaniのピアノが意図的にコードからずれた音を使っているイメージが、いかにもECMっぽい感じ。
 が、フォーマット自体は伝統的なジャズのスタイル。
 過度にフリーに動くわけでもなく、過激な音を使うわけでもありません。
 Enrico Ravaも昔ながらの過激なようで落ち着いた音。
 少しくすんだ真鍮の色合い、ハードボイルドな音。
 トロンボーンは少しやんちゃ系のようですが、それでも過激には振れません。
 ECMにしては落ち着き過ぎのジャズなのかもしれませんが、このくらいのバランスが一番安心して聞けることも確か。
 歳は重ねど相変わらずスタイリッシュなEnrico Rava。




posted by H.A.