“Underwear” (1971) Bobo Stenson
Bobo Stenson (piano)
Arild Andersen (bass) Jon Christensen (drums)

Underwear
Universal Music LLC
ボボ ステンソン


 スウェーデンのピアニストBobo Stenson、おそらくデビュー作。
 同じく北欧の後のスーパーアーティストとのトリオ作。
 極めてハイテンションなピアノトリオ。
 透明度の高い美しいピアノの音。
 いかにもヨーロピアンなクラシックの香りを感じさせつつ突っ走るピアノ。
 凄まじいスピード感。
 この時点で十分に一大スタイリスト。
 Arild Andersenもこの時点であのド派手な演奏、今も続くいつものフレーズ。
 Jon Christensenも縦横無尽な激しいドラム。
 全員がブチ切れて演奏しているようで、きちんとビートはキープされていて、強烈な推進力、グルーヴ。
 そんなハイテンションな4ビートから、いかにもECMなルバートっぽいバラードも。
 さらには激しいどフリーも短く一曲だけ、完全にブチ切れた凄まじい演奏。
 などなど含めて、今の耳で聞いてもすごいピアノトリオ。
 Bobo Stenson、この後、Jan Garbarekとの双頭バンドなどでECMにも演奏は残していますが、同レーベルでの単独リーダー作は“Reflections” (1993)までなし。
 Manfred Eicherさんはきっと相当期待していたのしょうが・・・
 私にとっては”Fish Out of Water” (1989) Charles Lloydで初めて聞いて、遡って聞いてみた人。
 Keith Jarrettに似た人いないかなと思って見つけた人。
 本作はKeith Jarrettの“Facing You” (1971)と同年の録音。
 全く違う音楽なので比べるのは無意味でしょうが、どちらが凄いか聞いてみてください。
 ・・・ってもCDは廃盤かあ・・・




posted by H.A.