”Jim Hall & Pat Metheny” (Jul,Aug.1998) Jim Hall, Pat Metheny
Jim Hall (electric guitar) Pat Metheny (electric, fretless acoustic, Pikasso guitar)

Jim Hall & Pat Metheny
Jim Hall
Telarc
ジム ホール 
パット メセニー

 John Scofield、Charlie Hadenの次のコラボレーションはJim hall。
 緩やかなギターミュージック。
 Pat MethenyのギターがJim Hall的かどうかはよくわからないのですが、憧れの人だったのでしょう。
 確かに穏やかに弾くと二人の区別はつけ辛く、音色もフレージングも近いのでしょうね。
 アコースティックギター、ピカソギターの使用もありますが、数曲のみ。
 基本的には2人ともハムパッキング系の柔らかなエレキギター。
 淡々と進むギターの音。
 トーンを絞って沈んだ感じの音がJim Hall、少し明度が高い音がPatなのでしょう。
 Jim Hallのオリジナル曲にジャズスタンダード、インプロビゼーション、Patの曲を少々。
 年功序列。 渋さの極みのようなJim Hallが先行し、元気なPatが盛り上げ、Jim Hallがまとめる構成が多いでしょうかね。
 ソロにしてもバッキングにしてもオーソドックスなようで少しヒネリがあるこの2人。
 百戦錬磨、アバンギャルドまでやる両者にとっても、「ジャズギター」を弾くことが楽しくて仕方ないんだろうなあ。
 Pat Methenyの少人数の作品では、本作と”Beyond the Missouri Sky” (1996) Charlie Haden, Pat Methenyが一番好み。
 やはり寛いで聞ける穏やかな「ジャズ」、「ジャズギター」はいいですねえ。





posted by H.A.