“Exile” (1993) Sidsel Endresen
Sidsel Endresen (Voice)
David Darling (Cello) Jon Christensen (Drums, Percussion) Bugge Wesseltoft (Keyboards) Django Bates (Piano) Nils Petter Molvær (Trumpet)

Exile
Sidsel Endresen
Ecm Import
シッツェル アンドレセン
ジャンゴ ベイツ


 ノルウェーのボーカリスト、”So I Write” (1990)に続くECM作品。
 前作のメンバーにチェリストDavid Darlingと、近年まで活動を共にしているキーボードBugge Wesseltoftが参加。
 Django Batesの美しいピアノが印象に残ることは変わりませんが、チェロの響きが同程度に背景を支配。
 ピアノが入らないトラックも増え、妖しさは増幅。
 静謐な迷宮に迷い込んだような不思議感。
 全編を支配する寂寥感。
 楽曲はオリジナルを中心として、Django Bates、David Darlingなど。
 いずれも寂寥感漂う不思議系。
 不思議なメロディラインとこぼれ落ちるような美しいピアノ、ハスキーで乾いた妖しげなボイス。
 それらに絡みつくように低く響くチェロ、トランペット。
 David Darlingのチェロがフィーチャーされる場面が多く、前作に比べて抽象度が高い時間が長い印象。
 非日常的空間へ連れて行ってくれる不思議な音。


※別のアルバムから。


posted by H.A.