“Voadeira” (1999) Monica Salmaso
Mônica Salmaso (Vocal)
Mario Gil, Marcos Suzano, Webster Santos, Paulo Bellinati (Guitar) Rodolfo Stroeter (Bass) Brnjamim Taubkin (Piano) Toninho Ferragutti (Accordion) Nailor “Proveta” Azevedo (Clarinete) Marcos Suzano (Percussion) and others

モニカ サルマーゾ

 ブラジルのボーカリストMonica Salmaso、MPB作品。
 ブラジリアンポップスと一括りにしてしまうには違和感のある、とてもしっとりとした優雅な音楽。
 ボッサ、ミナス、バイーア、フォルクローレなど、諸々の南米音楽の色合いが交錯する音使い。
 楽曲もブラジル各地、各ジャンルの巨匠の作品からチョイス。
 直接的なボッサ、サンバのビート感はなく、終始落ち着いたゆったりとしたテンポ。
 決して暗くはないのだけども、サンバような明るい雰囲気ではなく、ボッサのような洗練された雰囲気でもなく、素朴な質感、抑制されたムード。
 瑞々しいギターの音、美しいピアノの音、懐かしいアコーディオンの音、素朴なパーカッションの音・・・その他諸々、全て落ち着いた音使い。
 そんな音を背景にして、ブラジル定番、少しスモーキーで優し気な声。
 少し明度が低く、これまた落ち着いた声、優しい歌。
 これは癒されます。

※本投稿は2016/05/28から移動しました。



posted by H.A.