”Hagar's Song” (2012) Charles Lloyd
Charles Lloyd (tenor, alto sax, bass, alto flute)
Jason Moran (piano, tambourine)

Hagar's Song
Universal Music LLC
チャールス ロイド


 Charles Lloyd、Jason MoranとのDuo。
 二人なので自由度の高い演奏かと思いきや、意外にもオーソドックスなジャズ。
 半数ぐらいのスタンダード演奏は、漂うようなバラード演奏から、いかにもアメリカンなオーソドックスでスウィンギーなジャズまで。
 ある意味ビックリするぐらいの無難な「モダン・ジャズ」演奏。
 最先端のジャズピアニストJason Moranもやはりこの手の「モダン・ジャズ」が好きなんでしょうねえ。
 ともあれ、アルバムとしては中盤のオリジナル組曲がメインなのでしょう。
 こちらは少々瞑想的で妖しげな雰囲気。
 民族音楽的なメロディライン、フリーな展開まで、さまざまな表情。
 そして最後はBob Dylan~The Bandの“I Shall Be Released”、さらにはThe Beach Boys。
 かなり崩した漂うような演奏ですが、なんだか懐かしいような、意外なような、フィットしているような、不思議な感じ。
 この二人のコンビ、あるいはGeri Allenとのコンビは最後までECMっぽい演奏になりそうでなりませんでしたかね・・・
 とても穏やかで優しげ、大らかな「ジャズ」アルバムです。





 Charles Lloyd のECM作品 “Fish Out of Water”から3作が凄みのあるバラードアルバム、以降は諸々。
 サポートのピアニストが変わる度にイメージが変化。
 静謐で端正、微かな狂気のBobo Stensson共演作、 妖しいギターのJohn Abercrombieを絡めつつ、 オーソドックスなジャズ色の強いBrad Mehldau共演作、 スタイリッシュなGeri Allen に加えて、ドラマーEric Harlandの今日的ビート、 そのビート感を維持しながら、いかにも現代のコンテンポラリージャズピアニストJason Moranとの共演へ。
 大きくは静謐から躍動に、素直に時代の流れに合わせて20世紀型ジャズから今日的ジャズへいってみよう・・・、ってな感じ。
 でも最後はオーソドックスに・・・
 背景は変われど、本人のサックスは全く変わらないのはすごいことなのでしょう。
 私の好みはBobo Stensonとのコラボレーションですが、懐古趣味なのですかね。

(1989) “Fish Out of Water”  with Bobo Stenson
(1992) “Notes from Big Sur”  with Bobo Stenson
(1993) “The Call”  with Bobo Stenson
(1994) “All My Relations”  with Bobo Stenson
(1996) “Canto”  with Bobo Stenson
(1999) “Voice in the Night”  with John Abercrombie, Billy Higgins
(1999) “The Water Is Wide”  with John Abercrombie, Brad Mehldau, Billy Higgins
(1999) “Hyperion with Higgins”  with John Abercrombie, Brad Mehldau, Billy Higgins
(2002) “Lift Every Voice”  with John Abercrombie, Geri Allen
(2004) “Which Way is East”  with Billy Higgins
(2005) “Jumping the Creek”  with Geri Allen, Eric Harland
(2006) “Sangam”  with Eric Harland, Zakir Hussain
(2008) “Rabo de Nube”  with Jason Moran, Eric Harland
(2009) ”Mirror”  with Jason Moran, Eric Harland
(2011) “Athens Concert”  with Maria Farantouri
(2012) ”Hagar's Song”  with Jason Moran

posted by H.A.