“Afro Blue” (Jun.1993) The Lonnie Smith Trio
Dr. Lonnie Smith (Organ)
John Abercrombie (Guitar) Marvin "Smitty" Smith (Drums)

アフロ・ブルー
ロニー・スミス=ジョン・アバークロンビー・トリオ




 John Abercrombie、こちらはホットなオルガントリオ。これも日本制作。
 Dr. Lonnie Smithのリーダー作でもあり、同時期のECMのオルガントリオ“While We're Young” (1992)、 “Speak of the Devil” (Jul.1993)とは全く別の質感。
 プロデューサー、レーベルが違えば同じ編成でも違うものができる見本。
 どちらもどう聞いてもJohn Abercrombieのギターなのですが、全く違う音楽。
 共通するのは強い緊張感。
 本作は熱くて激烈な緊張感。
 熱いといってもブルーノート的なファンキーさやハッピーなイメージではなく、過激な熱さ。
 John Coltraneをモチーフにギュインギュイン、極限まで暴れまくり。
 ロック的なギターは好みではありませんが、ここまでやれば、これしかないようなカッコよさ。
 一方、ECM作品はあくまで静謐さを維持するクールな緊張感。
 さらには、同時期でも全く異質、端正なジャズ“Farewell” (1993)。
 いずれも違ったカッコよさ。




posted by H.A.