“Tardes Cariocas” (1983) Joyce
Joyce (Vocals, Guitar)
Fernando Leporace (Bass) Tuti Moreno (Drums) Bira Da Silva (Percussion) Alberto Rosenblit (Piano) Mauro Senise (Soprano Saxophone) Rodrigo Campello (Guitar) Mauro Senise (Flute) Egberto Gismonti (Guitar, Piano, Synthesizer) and others

Tardes Cariocas
Joyce
Far Out UK
ジョイス



 ブラジリアン・ポップスの大御所Joyce。
 “Feminina” (1980) “Agua e Luz” (1981) の延長線。
 三連発の傑作。
 本作にはあのEgberto Gismontiも参加。
 当然旧知の仲間なのでしょうが、“Magico:Carta de Amor” (Apl.1981) Magicoの後ですので、既に世界のスーパースター?になっていた頃なのでしょうね。
 白眉は”Barracumbarra”。
 柔らかなギターのアルペジオにスキャット、おまけに鳥のさえずり入った緩やかな楽園サウンド・・・
 と思っていると高速サンバに展開、テンション上げて盛り上がりつつ締め。
 さりげない哀愁の漂う、でも明るく前向きなメロディ。
 彼女の音楽のショーケース。
 これまた最高。




posted by H.A.