“Double, Double You” (1983) Kenny Wheeler
Kenny Wheeler (Trumpet, Flugelhorn)
David Holland (Bass) Jack DeJohnette (Drums) John Taylor (Piano) Mike Brecker (Tenor Sax)

Double Double You
Kenny Wheeler
Ecm Import

ケニー ホイーラー

 Kenny Wheeler、オールスターメンバーでの1983年作。
 勇壮で格調高げ、ドラマチックなKenny Wheelerの世界。
 エレクトリック・マイルス所縁のリズム陣は相変わらずの強烈な推進力。
 Kenny Wheeler、盟友John Taylorはキレまくり。
 勇壮なトランペットと、美しい音、疾走感の強いピアノの組み合わせは極上。
 Michael Brecker に着目すれば、”80/81”(1980)Pat Methenyの後、“Night” (1984) John Abercrombieに先立つECMへの録音。
 安定感とブチ切れ具合のバランスが取れたカッコいい演奏。
 この人のサックス、ブチ切れているようでも基本的にはスムースだし、オーソドックスなようで普通の人とは全く異なる凄み。
 音色もそうだし、リズムへの乗り方、音のつなぎ方が抜群にいいんだろうなあ。
 天才だと思います。
 が、“Gnu High” (Jun.1975)でのKeith Jarrett然り、誰が来ようが自身の世界観に取り込んでしまうKenny Wheelerの支配力の強力さ。
 音楽自体は端正でエキサイティングなKenny Wheelerのヨーロピアン・ジャズ。
 勇壮ゆえに甘さに欠け、取っつきやすくはないのでしょうが、人気の“Gnu High”に勝るとも劣らないカッコいい作品。




posted by H.A.