“John Abercrombie / Marc Johnson / Peter Erskine” (1988) John Abercrombie
John Abercrombie (guitar, guitar synthesizer)
Marc Johnson (bass) Peter Erskine (drums)

ジョン アバクロンビー

 John Abercrombie、この期のレギュラートリオでのライブアルバム。
 本作も明るめのムードのフュージョン、 ギター・シンセサイザーからスタート。
 さらにはジャズスタンダード3連発、締めもスタンダード。
 ライブとはいえ違う色合いを混ぜ過ぎじゃないの、と思っていたら、同じメンバーのスタジオ録音“Current Events” (1985)がこのテイストでしたね。
 さておき、このバンドのスタンダード演奏はカッコいいですねえ。
 手練れたベース、ドラムはもちろん、少しディレイ?をかけたクリーントーンのスムースなギター。
 ECMではないところではこの手の演奏が多いのでしょう。
 上品なムードのジャズ。
 でも、普通のモダンジャズとは一線を画す、浮遊感と疾走感が一体化したジャズギター。
 全体を見れば半分がそんなジャズ、残りがフュージョン。
 いずれも明るい色合い。
 ホントはこれがJohn Abercrombieがやりたかったことだったりして・・・




posted by H.A.