“American Garage” (1979) Pat Metheny Group
Pat Metheny (guitars)
Lyle Mays (piano, oberheim, autoharp, organ) Mark Egan (bass) Dan Gottlieb (drums)

American Garage
Universal Music LLC

パット メセニー





  前作“Pat Metheny Group” (1978)の延長線のさわやかフュージョン路線。 
 前作に比べてさらにロック~ポップ色が強く、結果、あの時代の普通のフュージョンっぽいところもあります。
 哀愁感が少し薄くなり、カラッとした元気いっぱいアメリカンフュージョン。
 その分わかりやすくなって、大人気アルバムなのでしょう。
 それでも派手でも都会的でもなくて、自然な感じ。
 「瑞々しい」なんて形容詞がよく使われていたように記憶していますが、その通りの音。
 アメリカの大平原な景色が見えてきそうな音。
 元気なビートに、ギターは完成された音とフレージング、カッコいいピアノソロの場面もたくさん。
 なんだかんだで他では聞けない特別な音。
 とにかく明るくて爽やか。
 前向きだしね。




posted by H.A.