”Diamond Land” (1988) Toninho Horta
Toninho Horta (Guitars, Synthesizer, Vocals)
Jim Beard, Hugo Fattoruso, Flávio Venturini, Helvius Vilela (Keyboards, Synthesizer)
Nico Assumpção, Jamil Joanes, Arthur Maia, Iuri Popoff (Bass) Kenwood Dennard, Teo Lima, Armando Marçal, Jose de Aguiar Ribeiro, Ronaldo, Robertinho Silva, Wanderley Silva (Drums, Percussion) Wayne Shorter, Carlos Watkins, Nivaldo Ornelas, Mauro Senise (Sax) Márcio Montarroyos (Flugelhorn, Trumpet) Paulo Guimarães (Flute) Felipe Doyle (English Horn) Joyce, Paula Morelenbaum, Nelson Ângelo, Quique Azambuja and others (Vocals)  Jaques Morelenbaum, Márcio Mallard (Cello) and strings and others

Diamond Land
Toninho Horta
Polygram Records

トニーニョ オルタ

 Toninho Horta、これまた豪華フュージョン作品。
 シンセなストリングスと分厚めの音。
 幾分スッキリとしてきてはいますが、まだまだあの時代の豪華なフュージョン、MPBの香りがプンプン。
 私的にはこの豪華で大仰な音よりも、ナチュラルな“Moonstone” (1989)の方が好みですが、キャッチーな演奏揃い、人気があるのも納得。
 Toninhoの柔らかなエレキギターもたっぷり聞けるし、Wayne ShorterやらJoyceやらの豪華客演もいいしね。
 それにしても毎度毎度の名曲揃い。
 冒頭の明るい”Diamond Land”もいいですが、ここではバラード”Waiting for Angela”が一押し。
 こんなにシンプルでさりげなくて、寂寥感が滲み出すようなメロディは希少。
 本人の聞き語りやJoyce、Flora Primなどがカバーしたバージョンも秀逸ですが、オリジナル?の本作、涼しげなエレキギターでのメロディライン、音数が絞られたインプロビゼーションが泣ける泣ける・・・




posted by H.A.