“ZigZag” (Apl.1995) Egberto Gismonti Trio
Egberto Gismonti (Guitar, Piano)
Zeca Assumpção (Double Bass) Nando Carneiro (Guitar, Synthesizer)

エグベルト ジスモンチ

 ECMでの前作“Música de Sobrevivência” (1993)からチェロが抜けた構成ですが、オーケストラ風から印象が変わって、アコースティックギターDuo+ベース、そのままのイメージの音が中心。
 ギター4曲、終盤の2曲にピアノ。
 全体としては、“Dança Dos Escravos” (1988)あたりに印象は近いのでしょう。
 例によって目まぐるしい展開ですが、さすがに譜面がありそう。
 本作もクラシックのイメージが強いのでしょうね。
 前半はアコースティックギター2台を中心とした幻想的な音空間。
 アルペジオを中心に静かに音を敷き詰めながら、展開していくスタイル。 浮遊感も強い複雑な構成ですが、その中に隠されるように配置された素敵なメロディ。
 瑞々しいギターの音を背景にベースがリードする名曲"Carta De Amor"の美しいこと。
 そんな凝った演奏の後に、ピアノによる美しいバラード、さらには怒涛のようなピアノと疑似オーケストラでのエキサイティングなエンディング。
 通して聞くとまるでライブのワンステージを観た感じ。
 そういった意味でもよくできています。


 

 さて、Egberto Gismonti諸作、気付く限りを並べてみると・・・
 ECM以外の作品、近年の作品は追いかけられていませんが、私の好みはどうもジャズの香りの強い1980年前後のコンボでの作品のようです。
 どれもいいんですがね・・・
 きっと聞けていない作品の中にも宝物があるのでしょう。

(1969) “Egberto Gismonti” 
(1970) “Sonho '70” 
(1970) “Orfeo Novo” 
(1972) “Agua e Vinho” 
(1973) “Egberto Gismonti” 
(1974) “Academia de Danças” 
(1976) “Corações Futuristas” 
(1977) “Carmo” 
(Nov.1976) “Dança Das Cabeças” with Nana Vasconcelos
(1978) “No Caipira” 
(Nov.1977) “Sol Do Meio Dia” 
(1978) “Solo” Solo 
(Mar.1979) “Saudades” Naná Vasconcelos
(Jun.1979) ”Magico” Magico
(Nov.1979) “Folk Songs” Magico
(1980) “Circense
(Nov.1980,Apl.1981) “Sanfona
(1981) “Em Família” 
(Apl.1981) “Magico:Carta de Amor” Magico
(1982) “Fantasia”
(1982) “Sonhos de Castro Alves”
(1983) “Cidade Coração”
(1984) “Duas Vozes” with Nana Vasconcelos
(1985) “Trem Caipira” 
(1986) “Alma” Piano Solo(+α)

(1986) “Feixe De Luz"

(1988) “Dança Dos Escravos” Guitar Solo
(1989) “Kuarup”
(1989) “In Montreal” with Charlie Haden
(1990) “Infância” 

(1991) “Amazônia”

(1992) “Casa Das Andorinhas”

(Apl.1995) “ZigZag” 
(Jun.1995) “Meeting Point” with Orchestra
(2006, 2007) “Saudações” with Orchestra


posted by H.A.