“Dança Das Cabeças” (Nov.1976) Egberto Gismonti
Egberto Gismonti (8-string guitar, piano, wood flutes, voice)
Nana Vasconcelos (percussion, berimbau, corpo, voice)

 エグベルト ジスモンチ 
 ナナ バスコンセロス 


 これが、Egberto Gismonti、Nana VasconcelosともにECM初録音なのでしょうか?
 Nana Vasconcelosは”Codona” (Sep.1978) 、”As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls” (1980) Pat Metheny & Lyle Mays、”Offramp” (1981) Pat Metheny Group、あるいはリーダー作”Saudades” (Mar.1979)の前、Egberto Gismontiもこれ以前のECMでの録音は見当たりません。

 さて、これはいきなり妖しげな楽園ミュージック。
 よくよくわからないパーカッションやら鳥や動物の擬声?やらの間から聞こえる笛の音・・・。
 ブラジルの山奥ですごしているとこんな音が聞こえてきそうですね。
 楽しげでもあるし、神秘的でもあるし。
 これが、ミナス?ブラジルの密林?の雰囲気なのでしょうかね?
 基本的にはのどかで平和な感じなのだけど、Gismontiさんのギターやピアノが鳴り出すと急に現代的、都会的になり、強い緊張感、独特のグルーヴ。
 と思っていると、いきなりレロレロレロレロレーーーってなボイス・・・。
 こりゃすごいや。
 後に共演するあのPat Methenyもこの種の音をやりたかったんだろうな、と思う場面も多々。
 長尺な組曲が2曲ですが、要所で現れるメロディが素敵で展開も多彩。
 ブラジル系音楽といっても、青空と海の景色は見えてきませんし、湿度高めな空気感。
 海辺のリゾートではなく、密林にトリップしたくなったら効果テキメンな音楽。
 以降、Egberto Gismontiは名作を量産、Nana Vasconcelosはあちこちから引っ張りダコ。
 これをドイツのレーベルで作ってしまうこのお二人ならびに、プロデューサーManfred Eicherの慧眼に感服。

※Nana Vasconcelosが2016/3/9に亡くなられたとのこと。
 ご冥福をお祈りいたします。



posted by H.A.