"Nova” (2008) Chico Pinheiro & Anthony Wilson
Chico Pinheiro, Anthony Wilson (Guitar)
Fábio Torres (Piano) Paulo Paulelli, Marcelo Mariano (Bass) Edu Ribeiro (Drums) Armando Marçal (Percussion) Proveta (Clarinet) Matt Zebley, Vinícius Dorin (Flute) Proveta, Matt Zebley (Alto Sax) Vinícius Dorin, Matt Otto (Tenor Sax) Adam Schroeder, V. Dorin (Baritono Sax) Garrett Smith, Paulo Malheiros (Trombone) Gilbert Castelhanos, Daniel D'Alcântara (Trumpet, Flugel)

Nova
Chico Pinheiro
Goat Hill Recordings
2008-11-11
シコ ピニエロ
アンソニー ウイルソン

 ブラジリアンChico Pinheiro、アメリカンAnthony Wilsonの両ギタリストによるブラジリアン・フュージョン。
 穏やかなボッサ系リズムのピアノトリオに時折ホーンのアンサンブルを交えたサポートの上で、ギターが気持ちよさげにソロを繰り広げていきます。
 Fabio Torresのピアノも一級品。少ないスペースながら、表現力、瞬発力、グルーヴ感は抜群。只者では無い感が漂ってきます。
 オリジナル曲に加えてDorival Caymmi、João Donatoなどのブラジリアンスタンダード、穏やかで優しい曲揃い。
 そんなカッコいい音を背景に、主役のギタリストたち。
 Chico Pinheiro、もちろんガットギターもよいのですが、いつもながらにエレキギターがすごい。
 アップテンポ曲での高速フレーズの気持ちよさ。
 類似する人が思いつかないタイプで、ジャズとブラジリアン独特?の色が混ざり合い、ひょっとすれば一大スタイリストに化けるかも、と思っているんですがねえ。他にもいい録音がたくさん。
 Anthony Wilsonは何でもできそうな現代的Jazzギタリストっぽいけど、似たタイプだなあ。
 いい感じの絡み方。
 ほどほどのブラジルテイストと、ほどほどの洗練感が優雅で爽やか。
 とても素敵なブラジリアンフュージョン。




posted by H.A.