“Bruno Mangueira” (2010) Bruno Mangueira
Bruno Mangueira (guitar)
Robertinho Silva (percussion) Nailor Proveta (saxphone, clarinet) Toninho Ferragutti (accordion) Léa Freire (flute) Tiago Costa (piano) Paulo Paulelli (contrabass) Edu Ribeiro (drums) Gabriel Grossi (harmonica) Toninho Horta (guitar) and others

Bruno Mangueira
Bruno Mangueira
Tratore
2010-02-24
ブルーノ マンゲイラ

 ブラジルのギタリスト、デビュー作。爽やか系のブラジリアンフュージョン。
 ゲストで参加しているToninho Hortaが師匠のようです。確かに音色や音の使い方が似た感じ。もう少しオーソドックス、ジャズ寄りな感じですかね。
 全体の印象はアコースティックフュージョンだけど、かなり多様な楽曲。
 オーケストラやらストリングスやらを要所に配置。
 Toninho的なエレキギターで始まり、ミナス的サウンドで来るのかと思いきや、現代的ジャズのビッグバンドが入ってみたり、ウッドベースがうなるジャズかと思っていると、アコースティックギターが爽やかなジャズサンバだったり、今度はサックスがいい感じのジャズバラードだったり・・・。
 そして締めは極めつけのToninho Hortaとの共演、いかにもな楽園サウンド。
 いろんな音を聞いて育った若者らしい作りだなあ。
 ブラジルの香り、ジャズの香りが交錯する、カッコいいブラジリアンフュージョン。




posted by H.A.