"Standards Live" (Jul.1985) Keith Jarrett
Keith Jarrett (piano) Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

standards live
keith jarrett trio
ecm

キース ジャレット

 Keith Jarrettスタンダーズ、“Standards, Vol. 1” (1983)録音二年後のライブ録音。
 後はライブ録音中心、これがその初作品だと思いますので、ある意味再スタートなのでしょうかね。
 最高のスタンダード演奏であることは間違いないでしょう。
 シンプルなアレンジ(というかアレンジはしていないのでしょう)で演奏するのみ。
 それでこれだけすごい音楽。
 次々に現れる美しいフレーズ、スローではタメを効かせて、アップになると強烈な疾走感。
 それにフレキシブルに反応するベースとドラム。
 すごい演奏です。
 が、“Standards, Vol. 1”、“Standards, Vol. 2” 、“Changes”(Jan.1983)とは少し印象が違います。
 それらのアルバムには何かがヒタヒタと迫ってくるような緊張感がありました。
 あまり笑えないというか、怖いというか、そんな感じ。
 このアルバムは、そんな緊張感のようなものが薄くなり、全体を通じた明るい雰囲気。
 リラックスして聞けるKeith Jarrettスタンダーズ。 
 その端緒。




posted by H.A.