“Gateway 2” (July, 1977) John Abercrombie, Dave Holland, Jack DeJohnette
John Abercrombie (guitar, electric mandolin) Dave Holland (bass) Jack DeJohnette (drums, piano)

Gateway 2
John Abercrombie
Ecm Import

ジョン アバクロンビー

 Gateway第二弾。
 John Abercrombieのサイケさが無くなり、後の彼に繋がるイメージに。
 強烈なリズムはそのままにサイケ色ロック色が薄くなっるジャズっぽくなったギター。
 まだJohn McLaughlinのようなフレーズがたくさん出てくる場面もありますが、後の彼に近いイメージの演奏がたくさん。
 もちろん普通のジャズギターとは全く異なるものだけど、強い浮遊感、耽美的な香りが漂う妖しいギター。
 本アルバムは、明らかに変化していた”The Plot” (Aug, 1976) Enrico Ravaへの客演の後。“Deer Wan” (July, 1977)Kenny Wheelerのセッションに合わせて録音されたのでしょうかね。
 ”Deer Wan”でも雰囲気は妖しいながらもジャズっぽい雰囲気が強かった。あの怖そうな面子の中で妙なことするとシバかれそうだしね。
 このアルバムと“Deer Wan”、前作“Sargasso Sea” (May, 1976)が、初期とその後のAbercrombieの端境期、転換期でしょうか。
 ここからソロ作品“Characters” (Nov, 1977)を経て、あのRichie Beirachとの名作に至る流れ。
 美しさまであと一歩。
 もう少しで大人になる、一歩手前のJohn Abercrombie。




posted by H.A.