“Elo” (2011) Maria Rita
Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Accordion) Sylvinho Mazzucca (Double Bass) Cuca Teixeira (Drums) Tiago Costa (Piano, Keyboards) Cuca Teixeira (Tambourine)

Elo
WM Brazil
2011-10-19
マリア ヒタ

 ブラジルのボーカリストMaria Rita。とてもカッコいいMPB(ブラジリアンポップス)。
 あのElis Reginaの娘さんとのことですが、雰囲気は似ていないかな?どうでしょう?
 少なくとも音源では少し違った印象。こちらの声はいかにもブラジル的なスモーキー&ハスキー系、力を入れないタイプ。でも似てるのかなあ・・・顔は似てると思うけど・・・。
 私的にはクールに感じる声、歌に、母とは違う凄みを感じます。
 サウンドは現代的なブラジリアンポップス。
 ピアノ、エレピを中心とした、まずまずシンプルな音作りですが、ビートは少々強め。
 一部、ロックっぽい8ビート等々含めていかにも今風な音作りですが、サンバを混ぜつつのしなやかなムードは、やはりブラジリアンのポップス。
 強い音、優しい音・・・、背景がどうあれ、ボーカルはクール。力まないブラジリアンスタイル。
 本アルバムの白眉は夫君?のオリジナル?サンバ” Coração a Batucar”。
 ほのかな哀感と前向きさが交錯するメロディ、演奏、歌。
 ライブの最終曲とかにピッタリ。
 漂う哀愁、徐々に盛り上がる高揚感、そしてサビのリフレインが引き起こす陶酔感。
 心ならずとも体が揺れるブラジリアングルーヴ。
 憂さ晴らしにサイコー。

※ステージではノリノリ、貫禄のカッコいいお姉さん。

 

posted by H.A.