“Wild Dance” (2015) Enrico Rava
Enrico Rava (trumpet)
Gianluca Petrella (trombone) Francesco Diodati (guitar) Gabriele Evangelista (bass) Enrico Morello  (drums)

Wild Dance
Enrico Rava
Ecm Records
2015-08-28
エンリコ ラバ

 イタリアの大御所トランペッター、Enrico Rava最新作。
 近年のリズム隊はピアノトリオでしたが、本作はギタートリオ。
 その分、クールさが前面に出たアルバム。
 ギターは正統派ジャズギターではなく、少しやんちゃ系、クリエイティブ系。
 といっても激しい系ではなくて、あくまでクリーントーンを中心に妖しげな雰囲気を醸し出していくタイプ。
 今の若手らしくジャズジャズしていない現代的な音使い。
 でも基本的には上品でしっとりとした感じ。
 一曲目からRavaさんの真骨頂、漂うようなイタリアンバラード。
 ニヒルでハードボイルドな感じ全開。
 コードを出すのがピアノではなくギターの分、浮遊感と妖しさ倍増。
 トランペットはいつもながら、時折の激情を交えながらの素晴らしい表現力、グルーブ、安定感。
 他のメンバーも手練れた演奏。
 私にとってのRavaさんは、アバンギャルドとオーソドックスの中間点からかなりオーソドックス寄り。
 アバンギャルドが強いと聞いていてしんどいし、オーソドックスだけだと飽きてしまう。
 オーソドックス寄りのいいバランス、気軽に聞ける位置。
 本作も音楽的にはオーソドックス。
 でもギターの音がいい感じで穏やかな妖しさ、そして現代性をプラス。
 結果、やはり定位置に戻る。
 うまくできています。
 いつも通りに、美しく端正だけども、妖しいジャズ。
 とてもクール。

(※本投稿は2016/02/08から移動しました。)




 少しやんちゃでロックも混ざる1970年代~イタリアのレーベル時代、さらにはクラシックとのフュージョン、素直なモダンジャズ等々。 
 ECMに復帰してからはバラードを中心としたしっとり路線。 
 変幻自在なようで、本人のトランぺットは若い時から変わっていませんねえ。
 超一流の人はみんなそんな感じですね。 クールでニヒル、ハードボイルド。 
 フリーのイメージも強い人なのかもしれませんが、たまに過激な音を使うものの、豊かな表現力の範疇、むしろ端正なトランペッターのように思います。 
 ダークなようで、イタリアンな粋さ、明るさがある人だなあ、とも思います。 

(1972)  “Il Giro Del Giorno in 80 Mondi” 
(1973)  “Quotation Marks” 
(1973)  “Katcharpari” 
(1975)  “The Pilgrim and the Stars” 
(1976)  “The Plot” 
(1978)  “Enrico Rava Quartet” 
(1979)  “<<Ah>>” 
(1981)  “Opening Night” 
(1983)  “Andanada”
(1984)  “String Band” 
(1985)  “Nexus Meets Enrico Rava” 
(1986)  “Secrets” 
(1986)  “Volver” with Dino Saluzzi 
(1987)  “Animals”
(1990)  “Bella”
(1993)  “Nausicaa” 
(1993)  “Rava, L'Opera Va” 
(1994)  “For Bix and Pops 
(1994)  “Electric Five” 
(1994)  “Chanson” 
(1996)  “Noir” 
(1996)  “Italian Ballads” 
(1997)  “Carmen” 
(1998)  “Certi Angoli Segreti” 
(1999)  “Vento”  with Barbara Casini
(1999)  “Shades of Chet. ” 
(1999)  “Rava Plays Rava” 
(2000)  “Live at Birdland Neuberg” 
(2000)  “Duo en Noir” 
(2002)  “Beyond Fellini” 
(2003)  “Renaissance” 
(2003)  “Happiness Is... ” 
(2003)  “Full of Life” 
(2003)  “Easy Living” 
(2004)  “Montreal Diary/A: Plays Miles Davis” 
(2004)  “Montréal Diary/B” 
(2004)  “Tati” 
(2006)  “What a Day” 
(2006)  “Quatre” 
(2007)  “The Words and the Days
(2007)  “The Third Man” 
(2007)  “Live at JazzBo '90” 
(2009)  “New York Days” 
(2010)  “Tribe” 
(2012)  “Rava on the Dance Floor” 
(2013)  “The Monash Sessions” 
(2015)  “Wild Dance” 

posted by H.A.