“Moanin’” (1958) Art Blakey & The Jazz Messengers
Art Blakey (drums)
Lee Morgan (trumpet) Benny Golson (tenor sax) Bobby Timmons (piano) Jymie Merritt (bass)

アート ブレイキー

 これは大衆「モダンジャズ」の聖典。
 わかり易く言えば、とてもダサい・・・いや、とても大衆的でカッコいい。
 コール&レスポンスを取り入れた云々・・・はわかるけど、楽器でやらなくてもいいだろうに。
 声でやれば自然なのだろうけども、所詮は楽器でそれをまねただけ。
 でもそれがカッコいい。
 また、本来ハイハットだけの2,4拍にスネアドラムを被せるドラムもダサい。
 スネアは自由に動かないと・・・
 でもそれがカッコいい。
 クールなドラミングではこうはカッコよくならない。
 二曲目以降は端正な「モダンジャズ」。
 ビートも普通になり、キリッとしたジャズ、手練れた熱い演奏が続く。
 でも後半のジャングルビートはさすがに前時代的だし、さらにマーチはいただけない。
 とても「モダンジャズ」的ではない。
 でもそれがカッコいい。
 なんだかんだでダサカッコいい、いや、とても素敵な「モダンジャズ」。
 「モダンジャズ」はヤクザでなくちゃね。




posted by H.A.