“Afetuoso” (2011) Andre Mehmari
Andre Mehmari (paino)
Sergio Reza (drums) Ze Alexandre Cavalho (bass) Ivan Lins (vocal)

Afetuoso
セレスト
2011-10-05
アンドレ メマ

 Andre Mehmari、ピアノトリオでの近作。
 ピアノトリオ以外の音がほとんどなくピアノが前面に出ている分、またリズムが少し強めな分、目下最もジャズに近い作品なのでしょう。
 クラシックの香り、Keith JarrettとEgberto Gismontiを足して、百倍柔らかくしたようなイメージのピアノ。
 いつもより少し強めのリズム、ピアノのタッチ。
 それでも特別な柔らかさ、独特の浮遊感は消えません。
 Milton Nascimento、Toninho Hortaナンバーのメドレーから始まる明るくて前向きな楽曲群。
 それでも後半のIvan Lins、とても悲し気なオリジナル曲〜Drival Cymmiナンバーなど、センチメンタリズムは消えません。
 全体を通じたほんのり温かい郷愁感。
 柔らかく揺れる静かなグルーヴ。
 20世紀にはなかった、とても素敵な新しいタイプのジャズ。




posted by H.A.