“Veja o Som (See the Sound)” (2009-2010) Jovino Santos Neto
Jovino Santos Neto (Piano, etc.)
Danilo Brito (Mandolin) Teco Cardoso (Flute) Anat Cohen (Soprano sax) Paquito d'Rivera (Clarinet) João Donato (Piano) Toninho Ferragutti (Accordion) Bill Frisell (Guitar) Gabriel Grossi (Harmonica) Luiz Guello (Congas, Djembe, Pandeiro) Tom Lellis (Shaker, Vocals) Joe Locke (Vibraphone) Mike Marshall (Mandocello, Mandolin) Airto Moreira (Percussion, Vocals) Paula Morelenbaum (Vocals) Joyce Moreno (Vocals) Gretchen Parlato (Vocals) Mônica Salmaso (Vocals) David Sanchez (Tenor Sax) Vittor Santos (Trombone) Ricardo Silveira (Guitar)

Veja O Som (See the Sound)
Jovino Santos Neto
Adventure Music
2010-10-19


 ブラジリアンのジャズピアニストJovino Santos Neto。
 ブラジルの名曲を一曲づつ異なる豪華ゲストを迎えて演奏する企画アルバム。
 誰が参加したかは上記を参照していただくとして、不思議なのが何故か私の好みのミュージシャンが多いこと。
 David Sanchez、Ricardo SilveiraPaula MorelenbaumJoyce Moreno、Paquito d'Rivera、João Donato、Airto Moreira、Joe Locke、Gretchen ParlatoMônica Salmaso・・・・
 いずれもビックネームなので単なる偶然なのか、私が好むブラジル的ジャズ、ジャズ的ブラジルの人脈が限られているのか?・・・
 さておき、そんな内容なので私的には大満足。
 ショーロ、ボサノバ、ミナス、ジャズ、フュージョン・・・なんでもござれ。
 いずれも名曲、名手の演奏。
 スタートはToninhno Hortaの名曲"Aquelas Coisas Todas"をDavid Sanchezのテナーで。
 さらには、別世界にいざなうGretchen Parlatoの超スロー”How Insensitive”の凄み。
 ・・・その後も続々続々・・・
 ブラジル的ジャズ、ジャズ的ブラジルのショーケース。
 これはたまりません。





posted by H.A.