“Festa” (1993) Rosa Passos
Rosa Passos (vocal, guitar) 
Lula Galvao (guitar) Jorge Helder, Sizao Machado (bass) Itamar Assiere (piano) Erivelton Silva (drums)
Gilson Peranzzetta (keyboards, accordeon) Idriss Boudrioua (alto sax) Paulo Guimaraes (flute) Marcio Montaroyos (trumpet) Pirulito, Ovidio Brito (percussion)

Festa
Rosa Passos
Sbme Import

ホーザ パッソス



 

 現代最高のボサノバボーカリストRosa Passos。
 ジャズボッサ編成のコンボとストリングスがサポートするボサノバ~MPB(ブラジリアンポップス)作品。
 バックの音も少々厚め、さりげなくストリングなども入るアコースティックながら作り込まれたMPB的な色合いが中心。 
 後の“Rosa” (2006)などの静謐系ボサノバ作品に比べると凄みには欠けるのかもしれませんが、その分わかりやすくて明るい感じ。
 ゆったりとリズムを刻むガットギターと柔らかくグルーヴするバンド。
 その上をしなやかに舞ういつの時代も変わらないRosa Passosの優しい声。
 さらには、ジャジーなエレキギター、優雅なアコーディオン、ストリングス・・・。
 ちょっとエコー強めの録音も手伝ってドリーミーで平和な感じ。 
 時代はロック、フュージョン全盛期なのでしょうが、そんな気配は微塵もありません。
 曲はブラジル的郷愁感が流れるとても素敵なオリジナル。
 佳曲ばかり。
 らしくない少々ジャンピーな曲もよしとしましょう。
 キッチリ作り込まれた、でも、さりげなくてとてもナチュラル、とても素敵なブラジル音楽。

(※この投稿は2016/02/23から移動しました。)



posted by H.A.