“Dresden” (2007) Jan Garbarek
Jan Garbarek (tenor, soprano sax, selje flute)
Rainer Brüninghaus (piano, keyboards) Yuri Daniel (electric bass) Manu Katché (drums)

Dresden: In Concert (Ocrd)
Jan Garbarek
Ecm Records
2009-09-22
ヤン ガルバレク

 Jan Gabarek、当時のバンドの集大成的なライブアルバム。
 激しいジャズ、北欧民族系音楽などを経て、それらがフュージョンしたような、少し落ち着いた音楽を展開していた時期。
 音楽自体はいつものハイテンションなJan Garbarekの世界。
 サックスは相変わらずの触ると切れてしまいそうなとても厳しい音。
 一方、このバンドのポイントはドラムのManu Katcheの軽快な音。
 激しいサックスのテンションを、軽く響く乾いたスネアの音、ビートが緩やかに中和するイメージ。
 結果、かつての彼の音楽よりもマイルド、聞きやすくなっているように。
 さらにファンキーな色も出す、よく動くエレキベース。
 ピアノは透明度の高い美しい音、強烈な疾走感のRainer Brüninghaus。
 サックスが抜けた場面では違うバンドの様な印象。
 素晴らしいピアニストながら、素直なピアノトリオはやらない人だけに、その意味でも貴重。
 Jan Gabarekの書く曲はいつも緊張感が漂う深刻系。
 普通のジャズとはかなり距離のある冷たい質感。
 このアルバムでもそれは同じ。
 見えてくるのは北欧の凍てついた森。
 それでもこのアルバムではその冷たさが少し柔らいだように・・・
 いつものJan Garbarekなのに、何か新しい彼に出会ったような・・・
 まずまず和めるこの時期のJan Garbarek。




posted by H.A.