“Third Round” (2010) Manu Katche
Manu Katché (drums)
Pino Palladino (bass) Jason Rebello (piano) Tore Brunborg (saxohones) Jacob Young (guitars) Kami Lyle (voice, trumpet)

Third Round
Universal Music LLC
2010-03-24
マヌ カッチェ

 ドラマーManu Katche。ECMでの3枚目。
 本作は、少々明るめ、ポップにも聞こえるManu Katche。
 もともとロック、ポップス畑が主戦場の人なのでしょう。
 8ビート中心のリズム、控えめなアドリブ、それら含めて今までのジャズっぽくない感じは前作と同様。
 乾いた音のスネアと、宙を舞う静かなシンバルが心地よく響く音空間。
 いかにもECMっぽい綺麗なピアノが出てきたり、サックスが前面に出るとジャズっぽくもなったりするのですが、気が付くとポップス~スムースジャズの香りが濃い、しかし、あくまでさりげなく、決してうるさくはならない独特の色彩に。
 ボーカルナンバーもシンプルなビートに乗った、不思議系の女性ボイスが映えるフォーキーな佳曲・・・ 
 と書いてしまうとジャズファンからは遠い感じもしてしまうのですが、アンサンブル、演奏ともに一級品、安っぽさは微塵もなし。
 しかも何故か全体のムードはジャズ。
 但し、1960年代のジャズの熱さや1970年代以降のヨーロピアンジャズの深刻さ、小難しさもなし。
 ただただ自然ながらキャッチーなメロディと、肩に力が入らない自然な演奏。
 こんな感じのテイストが今風の、あるいはこれからのジャズの主流のひとつになるのかな?
 明るく爽やか、でも全体を通じた少々の翳りが深さを感じさせる音。 





posted by H.A.