“Pasodoble” (2006,2007) Lars Danielsson & Leszek Możdżer
Lars Danielsson (Bass, Cello ) Leszek Możdżer (Piano, Celesta, Harmonium)

ラーシュ ダニエルソン
レシェック モジジェル


 親分Lars DanielssonとLeszek Możdżerのデュオ作品。
 ジャズっぽいLeszek Możdżerを聞くとなるとこれが一番いいのかな?
 Larsさんの激甘哀愁曲、Leszek Możdżerのオリジナルを中心に素直な演奏。
 ガンガンゴンゴン、ピキピキパキパキ・・・、ってな感じではないですが、やはり切れ味は抜群。
 ソロ作品ではぶっ飛び気味、共同名義トリオ作品では抑制気味、その中間あたりのLeszek Możdżerの素晴らしいピアノを存分に。
 でもこのアルバムで凄いのはベーシストLars Danielsson。
 いつになく弾きまくり。バックでのカウンターは凄いし、アップテンポでのソロなど鬼気迫るような凄まじさ。
 ともすれば控えめだったバンドやトリオでのベースは、サウンド作りに徹していたからなのでしょうかね。
 Leszek Możdżerを聞こうと思っていても、Lars Danielssonに惹かれる場面が多々。
 やっぱ親分の凄みは一味違うわ。
 もちろん寂寥感あふれる北欧~東欧ジャズとして、素晴らしい作品です。


 


posted by H.A.