“Libera Me” (2004) Lars Danielsson
Lars Danielsson (bass, cello, piano, guitar)
Jon Christensen (drums, percussion) Nils Petter Molvaer (trumpet) Xavier Desandre Navarre (percussion) David Liebman (soprano saxophone) Anders Kjellberg (cymbals) Jan Bang (samples) Carsten Dahl (piano) Tobias Sjögren (guitar) Cæcilie Norby (vocal) DR Danish Radio Concert Orchestra

ラーシュ ダニエルソン

 近年のLars Danielssonの「北欧哀愁小説ジャズ」?路線が始まったのがこの作品ぐらいでしょうか?
 この前、David Liebmanと組んでいたバンドとは少し違った音作りのように感じます。
 後続の”Tarantella”(2009) “Liberetto”シリーズ(2012,2014)に近い質感。
 とてもセンチメンタルな、物語性のありそうな楽曲とハイテンションな演奏との組み合わせ。
 印象的なのは、豪華なホーン陣、オーケストラに加えて、ピアノのCarsten Dahl。
 音色が美しく、テンション高くて強烈な疾走感のある音使い。自作“The Sign”(2002)の凄みがそのまま。
 民族的、童謡的メロディの質感とジャズのフュージョン、ストーリー性を持たせた音作り。 近いイメージの作品を作る若手も少なくないし、この人が近年のヨーロピアンジャズの土台を作ったようにも思います。
 後の共演メンバーMathias Eickの作品“Skala” (2010)などもこの路線。
 が、それらと比べると、Larsさんの作品は少々重くて沈痛度が高いかもしれません。
 それが時代、世代の変化なのかもしれませんね。





posted by H.A.