“Suspended Night” (2003) Tomasz Stanko
Tomasz Stanko (trumpet)
Marcin Wasilewski (piano) Slawomir Kurkiewicz (double-bass) Michal Miskiewicz (drums)

Suspended Night
Tomasz Quartet Stanko
Ecm Records
2004-05-11
トーマス スタンコ

 前作“Soul of Things”(2001)と同メンバーでの二作目。
 タイトル通りほの暗く妖しく、しかし美しい作品。  Stankoさん、私的にはこのアルバムが一番お気に入りかな?
 同じメンバーでの二作目で慣れたかな、といったことかもしれませんが、前作よりもさらにリラックスした感じ。
 今回もバラード集ですが、メロディアスでメランコリック、かつ、わりやすい曲がほとんどで、さらに聞き易くなったように思います。
 また、前作ではまだ強かった「鎮痛さ」が少し薄らいできたかな?
 お得意の漂うような全編ルバートでの浮遊感の塊のような展開もちりばめられ、全体を通じた抑制と、ときおりの激情。
 それでも、あくまでクール、静かなグルーブを作るサポートメンバーとの絶妙なバランスは前後作と同様。
 ここまで来ると、ちょっとオシャレなジャズってな感じもしてきますが、決して軟派ではなく、あくまで硬派、ハードボイルド。
 ジェームスボンドでもルパン三世でもなく、ゴルゴ13。
 見えてくる景色はもちろん夜。でも真っ暗ではなく、寒くはなく、寂寥感はあるけど絶望感はなし。  クールで穏やか。
 私にとっては、かっこいいヨーロピアンジャズの代表アルバムの一つ。



posted by H.A.